HOME » IPの品質と料金 » インターネットVPN

インターネットVPN

インターネットVPN(Internet Virtual Private Network)とはどのようなものでしょうか。
インターネットVPNは仮想的にネットワークを組織的に構築することです。
暗号化した通信経路をインターネット上に形成することで場所的に遠く離れたAとBをインターネット上を通じて一体的に運用できるようにするためのシステムです。
例えばA社の中のa営業所とb営業所と本社が地理的には全く別の場所ではありますが、インターネットVPNを利用することによって一体的に運用をすることが出来るようになるという事です。

メリットはやはり専用回線を利用する事ではないため、費用を抑えて一体的に運用することが可能です。
デメリットはインターネット上の回線を利用しますので、絶対的に安全という事は言い切れません。
ただし基本的には安全に利用できるようになっております。
インターネット上には暗号化されたIPsecやPPTPやSSLによった通信プロトコルを用いて暗号化して通信しますので第三者がそれを盗み取ることが出来ないようになっております。

上記の事からしてもやはり、インターネットVPNを利用する最大のメリットは、低コストで運用できるという事でしょうか。
その分、一般のインターネット回線を利用していきますので、定期的なメンテナンスや、またアクセスが集中している時間帯は通信速度が落ちてしまったりという事は少しの我慢ポイントではあります。

インターネットVPNに対しIP-VPNは通信性は安定しておりまた専用の通信網を利用しますのでインターネットVPNよりは安全性などの面でも高くはなります。
しかしコスト面ではかなりかかってしまうというデメリットがございます。
インターネットVPNにするかIP-VPNにするかは費用面と安全性通信スピードなどを考慮して、自社にどれがあっているのかを見極めるのがポイントです。
じっくりと比較していきましょう。